本文へ移動
世界ハーモニーまれて


演奏会のご案内
2024-06-23
演奏会のご案内
チラシの通り、演奏会のがございます。
ぜひ、お出かけください。
会場の栃木県総合文化センターは、宇都宮市の中心部にあり、近隣には宇都宮二荒山神社や商業施設があります。
駅東側には、昨年開通したLRTも走っています。
夏休みの計画のひとつに、いかがでしょうか。

チケットのご用意できますので、指導者にお声がけください。

演奏曲のご紹介
メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲ホ短調は、1844年に完成されました。
三大ヴァイオリン協奏曲のひとつと言われる、たいへん有名で人気の高い曲です。
何より美しい旋律は、聴く者を魅了します。
古典派の形式美と、ロマン派の情緒と華やかさを併せ持つ、ヴァイオリン協奏曲の名曲です。

元ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスターのダニエル・ゲーデさんのヴァイオリン・ソロが、たいへん楽しみなプログラムです。


ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」は、1804年に完成し、ウィーン・ロプコヴィッツ侯爵邸で初めて演奏されました。
この前年、ベートーヴェンは、弟に宛てた「ハイリゲンシュッタットの遺書」を書いています。つまり、聴覚の病苦に絶望し、死を考えますが、音楽に立ち向かって創造することが自らの使命と宣言し、再出発を決意します。
ですから、その直後に書かれたこの交響曲第3番「英雄」は、それまでの作品とは明らかに違っていて、人類の遺産とも言える「第9」交響曲へとつながる布石が散りばめられた曲でもあります。
指揮の茂木大輔さんは、長年にわたり、NHK交響楽団のオーボエ奏者をされました。数々の巨匠の指揮の下で「英雄」を演奏された経験にご自身の解釈を加味されて、新しい「英雄」を表現しようとされています。
オーケストラ「未来」は、その要求に答えられるよう努めているところです。