栃木県野木町の音楽教室《ハーモニー水森》体験レッスン受付中

http://harmony-mizumori.com/files/content_type/type006/11/201510222353512199.jpg
qrcode.png
http://harmony-mizumori.com/
モバイルサイトにアクセス!
 
 
 
ご入会の皆様~関係者ページをご覧ください。
2022-02-17
 
当教室においての感染対策強化
2022-02-17
ご入会の皆様、教室の感染対策を守って頂きありがとうございます。
 
感染対策
玄関前での消毒、入退室の手洗い、検温、パルスオキシメーター確認。
教室の換気、ピアノ鍵盤清掃を引き続き行ってまいります。
指導者は写真掲載のアイマスクを使用致し、より強化致します。
※マスク着用に隙間が無いか確認しましょう。装着前に鼻の所を谷折りにして、谷のところを持って鼻から装着。
 
レッスン開始までの感染対策が細かいのですが、楽しくレッスンに通って頂きありがとうございます。
♪感染を恐れることなく、もう一度確認し、引き締めて皆で対策をしていきましょう♪
 
 
アンサンブル
2022-02-03

こんにちは。

 

1月は、久しぶりに室内楽を演奏する機会がありました。私はハイドンのピアノ三重奏曲から、ある1作品を演奏しました。

なんとハイドンを演奏したのは約8年ぶりのことです。ハイドンの過度な装飾を排除しながらも、華麗で心地の良い音楽に心動かされました。

 

ピアノ三重奏は概ねヴァイオリン、チェロ、ピアノの3つの楽器で演奏しますが、ソロとは異なる難しさがあります。

例えばソロに比べ、耳をより澄ませて互いの音を聴き、自分がどう弾きたいのかを明確に考えなければならないことです。意識がなく演奏していると、すぐに他の奏者に洩れてしまいます。

 

改めて、それらを3人で共有し、同じ空間で音楽を感じられたとき、美しい音楽が生まれるのだと感じました。

また、効果的なペダルの使い方や、フレーズの切り方まで良く聴きながら音色を考えることなど、ソロの演奏時にも繋がるものを多く発見することができました。

 

皆さんにもアンサンブルの楽しさを味わって欲しいと強く思いました。

そこで、普段のレッスンの中で連弾をしたり、あるいは楽器を用いてアンサンブルをするなど、そういった機会も取り入れていきたいと思います。先日はある有名な曲を用いて私がピアノを弾きながら、生徒さんに鈴を使って一定のリズムパターンを打ってもらいました。終わったあとは「楽しかった!」と笑顔が見ることができ、こちらも嬉しい気持ちになりました。

 

今年度も残り2ヶ月となりましたが、精一杯精進して参ります♪

 

講師 増谷

 
桐朋学園大学音楽学部卒業試験公開
2022-02-01
♪桐朋学園大学音楽学部ピアノ卒業試験公開♪
 
娘の試験のため調布市仙川まで車で行ってきました。
感染対策のため2年近く娘の所へ行けず、学内の演奏会も聞くことも出来ませんでした。
 
試験はは限定公開で3月にオープンした宗次ホールは少人数のお客様で行い、公開試験というより演奏会に来ているようで皆さん素晴らしい演奏でした。
 
大学生活の半分は感染対策に追われ、オンライン授業が導入されたりと試行錯誤の様子でした。
卒業試験演奏を受けることが出来一安心致しました。
 
自分の音を奏でるなんと美しい事でしょう。学生の皆さんにたくさんのパワーを頂き、身体が幸せに包まれて音で満タンになり放たれていく感覚となり、幸せな一日でした。ありがとうございました。
 
 
 
ブルグミュラーコンクール優秀賞そして東京ファイナル銅賞受賞
2022-01-31
優秀賞おめでとうございます!~そして東京ファイナル銅賞おめでとうございます。
 
身体を上手に使ってよく練習していました。審査員の先生方より左右バランスを課題として講評を頂きました。
コンクール来年も受けたい!と言っています。とても実りのある事だったのでしょう。
私も指導における勉強を積んでいきたいと思っています。
 
 
ブルグミュラーコンクール優秀賞そして東京ファイナルへ
2022-01-31
優秀賞おめでとうございます!~そして東京ファイナル出場へ~
 
コンクール出場に向けて一生懸命に練習し研究しました。
コンクールの意気込みのお手紙、コンクール後にはこれからに向けての取り組みのお手紙を頂き、目標に向かって変わっていく様は美しく別人になりました。これからの自分が楽しみになっていると思います。
 
コンクールは賞を頂く事だけが目標ではありません。そこに向かって常に変化し、人間として生まれた素晴らしさ、可能性にチャレンジし体感することによって成長します。
 
当教室では多くの生徒さんがコンクールの出場しております。
またそれぞれのレベルに合わせレッスンを行っております。
 
自分の美しい音色を是非探してほしいです!
 
卒業式に向けて
2022-01-23
今年、小学校卒業を迎える生徒さんが、卒業式での歌の伴奏をレッスンに持ってきました。
冬休み中に自宅での練習を頑張って、オーディションで選ばれたそうです。
 
私は、保育園に通う頃からレッスンを重ねてきたその生徒さんの成長ぶりを改めて感じ、感慨深い思いです。
 
もうすぐ卒業や、進学を迎える生徒さん、ひとりひとりにとって、大切な時期です。
 
さまざまな活動に制限が加えられることなく、卒業式を迎えられるよう願っています。
 
講師 青木
 
音符速読スタート
2022-01-17
レッスンが始まる前に音符読みカードをメトロノームのテンポに乗って読んでいきます。
 
生徒さんの集中力凄いです!まばたきしてる⁇の?と!
1秒で読めたら最高点!!
小さな積み重ねが大きな力を生みます。
3月の楽典の勉強会には、すらすらと読め、鍵盤の場所と一致するようになる事と思います。
お家でのもどんどんやってみてね!
 
 
 
遺した者と受け継ぐ者
2022-01-12
こんにちは。
年が変わり、再び皆さんの元気な姿を拝見できて、嬉しく思います。
本年もよろしくお願いいたします。
 
さて、昨年12月19日に行われたクリスマス会では、演奏後の企画のひとつとして、ベートーヴェンの生涯についてお話しました。彼の存在がなければ、今に伝えられているクラシック音楽や、グランドピアノも存在していなかったのではと考えると、ベートーヴェンは音楽史史上最も功績のある作曲家の1人であることが考えられます。
ベートーヴェンはこのような言葉を遺しました。
『人は何か良いものに出会えば感動するものです。しかしそれは芸術家の資格とはなりません。芸術家は火のように燃えており、泣いたりなどしません。』
皆さんはこの言葉に対して、どのような解釈をされるでしょうか?もちろんベートーヴェンも人間である以上、深く悲しんだり、大きく笑ったりしたことでしょう。しかしその感動を野放しにせず、作品の中に投影できる者こそが彼が考える作曲家の姿であったのではないでしょうか。ベートーヴェンの作品は彼の熱く燃える魂そのものであったと言っても過言ではないですね。
 
皆さんとは、過去にはソルフェージュや楽典、そして今回は作曲家について一緒に学びました。
演奏に留まらず様々な分野を学ぶことにより、視野や可能性を広げることができればと願っております。そしていつか、真の音楽の楽しさや美しさを知ってもらえると嬉しいです。
 
講師 増谷
 
ご入会の皆様~関係者専用ページをご覧ください
2022-01-04
<<ハーモニー水森>> 〒329-0111 栃木県下都賀郡野木町丸林578-4 TEL:0280-57-0400