栃木県野木町の音楽教室《ハーモニー水森》体験レッスン受付中

http://harmony-mizumori.com/files/content_type/type006/11/201510222353512199.jpg
qrcode.png
http://harmony-mizumori.com/
モバイルサイトにアクセス!
 
 
 
発表会に向けて
2021-06-09
発表会に向けて、曲選びをすすめています。
教本の中に気になっている曲があったり、知っている曲で、弾いてみたいものがあったりという生徒さんの
希望を聞き、相談しながら、曲を選んでいます。
1年間の成長した力を発揮できるよう、頑張っていきましょう。
 
講師 青木
 
ご入会ありがとうございます!祝祭日無料体験受付中!
2021-06-04
数多くある教室の中で,当教室ハーモニー水森教室をご選択ご入会いただきありがとうございます。
教室にご入会されましたらご入会皆さんと繋がります。
発表会、お楽しみ会、グループレッスン、感染対策を行いながら、通常のレッスンを行っております。
 
コロナ感染の中,皆様毎回のレッスンを楽しみにしておられ、一段と音楽を通じて心の絆が深まったと感じております。
 
私たち指導者はいつも生徒さんからパワー頂き生きている喜びを感じております。
 
朝空を眺め、雨音、木々の重なる音を聴きながら散歩をして、マスクを外して思いっきり深呼吸!
コンディションを整え生徒さんをお迎え!
 
たくさんの生徒さんが入会されました。
無料体験レッスお待ちしております。お気軽に体験にいらしてください。日曜祝日も行っております。
 
 
思い出すこと
2021-06-03
こんにちは。
 
先日、生徒さんに「先生にも先生がいたのですか?」と驚かれました。
その通りです。恩師に出会っていなければ音楽とともに人生を歩んでいなかったかもしれませんし、現在でもレッスンをしていただいております。
 
指導者の立場になって、昔を思い出すことが多くなったように感じます。
恩師にはもちろんのこと、そして母には心から感謝しています。私もかつて小さい頃、練習に身が入らず母に叱られたことも多くありました^_^; しかし、そのおかげで練習の習慣がつきました。
そして年齢が上がると、レッスンが週2回になったり、ソルフェージュのレッスンがあったりと毎日のように送り迎えをしてもらい、、頭が上がりません。他にもレッスンの時間に合わせて夕飯の支度!本当に母親は偉大です。
早く恩返しをしなければ。と強く思う日々です。
 
少々自分語りをし過ぎてしまいました。
保護者の方には、日頃お忙しい中、レッスンの送迎や練習をサポートしていただいたりと大変お世話になっております。
いつも、お子様と一緒に教室をあとにするお姿を拝見して、心が暖かくなります。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
 
講師 増谷
 
幼稚園レッスンの打ち合わせ
2021-06-01
今日は幼稚園の合奏、歌の打ち合わせに行ってきました。
幼稚園の先生は、生徒さんの適性まで考え合奏の配置、そして幼児に合った音域をの曲を探します。
 
毎回お会いする度に幼稚園の先生のパワーは凄いな!と尊敬します。20名以上を指導なさって!
保護者様は幼稚園の中でお子様が一つ一つ出来るようになっていく姿をご覧になり、胸が熱くなるのではないでしょうか?
 
再来週から合奏、歌のレッスンがスタートします!私もお手伝出来るようパワー全開で頑張ります!
 
教室の美しいピアノ達
2021-06-01
入会された生徒さんに色々なピアノメーカーや大きさを弾いて頂きたく、教室には4台のピアノがあります。
この写真のベーゼンドルファー225はオーストリアのピアノで6年の歳月をかけて作られます。
いつも甘く心が溶け込んでいく優しさと安らぎを感じ、ウイーンの気品を感じます。
4台のピアノを弾いて、引き分けが出来る感性が育ってほしいと願っていつもレッスンに臨んでいます。
 
海外に行くことが出来ない今。でも今日も空を眺め風に乗っていく雲の流れを見ていると世界は一つだ!と!
創造力がより膨らみます。感染対策で制限がかかった中でも本を読んだり、ラジオで楽しんだり、今を生きることが大切に思うこの頃です。
 
自然の音~鳥の声
2021-05-19
初夏の青葉が、目に鮮やかな季節です。
 
教室の周辺の公園や街路で、鳥たちが巣作りをして、賑やかなさえずりがきこえます。
 
鳥の声は、昔から多くの作曲家の作品に表現されています。
 
ベートーヴェンは、交響曲第6番「田園」の第2楽章「小川のほとりの情景」で、木管楽器によって
多彩な鳥の声を登場させています。
ベートーヴェン自身は、この交響曲を音による絵画的描写ではなく、感情の表現であることを強調していたそうですが、
私は、この第2楽章を聴いた時、まず目に浮かぶのは、鳥の声が聞こえる「小川のほとりの情景」です。でも、ベートーヴェンが好んで散策したといわれるハイリゲンシュタットの森には行ったことがないので、栃木の里山の光景ですが。
 
この曲が、200年余りの時と空間を超えて、瑞々しい感動を与えてくれることはまちがいありません。
 
講師  青木
 
 
 
 
想像力
2021-05-17
こんにちは。
先日、レッスン中のリズム打ちで太鼓を使用しました。その太鼓は本物の木を使用して作られたようで、小さな和太鼓のようなイメージを持っていただけると幸いです。
そうしたら、生徒さんが「明かりをつけましょ、ぼんぼりに〜」と口ずさみ、歌い始めました。その生徒さんは、太鼓の音を聴いて、日本の作品がパッと思い浮かんだようです。思わず、豊かな想像力と感受性に感心しました。
 
少し話が逸れますが、私が過去に演奏した作品に、ドビュッシー作曲の《版画》という作品があります。全3曲から成るのですが、そのうちの1曲である、東洋をイメージした〈塔〉は、作曲者がガムラン音楽を聴いただけで作り上げたようです(ガムランとは色々な打楽器を用いたインドネシアの民族音楽です。)。ちなみに作曲者は、東洋には足を踏み入れたことがありません。それにも関わらず、いかにも東洋らしい音楽を作り上げた、彼の想像力と作曲技法には脱帽してしまいます。また、他の1作品には、スペインをイメージした〈グラナダの夕べ〉がありますが、彼はスペインにも行ったことがありませんでした。
 
皆さんも、まずは今習っている作品からどんなイメージを受けたか教えてくださいね。
 
講師 増谷
 
幼稚園に音楽指導者として
2021-05-10
幼稚園に指導者として2歳児からのクラス、年長クラスに通わせて頂き15年の月日が流れました~♪
 
昨年は感染対策としてレッスン回数を調整し行われましたが、幼稚園の先生方のお力で
12月の年長さんの合奏、歌、素晴らしい発表会が出来ました。
 
そして2歳児からのクラスは、夏から行われ人数も減ることなく皆さん元気いっぱいに来てくださいました。
楽器遊び、音符遊び、たくさんの曲を身体で表現する体感レッスン。
日常から飛び出してくるようなレッスンをいつも心がけて子供たちに音を通じて話しています♥
 
今年度は6月からスタートします!新しい生徒さんとの出会いを楽しみにしています♪
 
生没年
2021-05-06

こんにちは。

以前、作曲家の生没年を覚えることに入れ込んでいた時期がありました。私のちょっとした趣味嗜好とも言えます。

年表を眺めていると非常に面白い発見があります。

 

まず、バッハとヘンデルは同じ1685年生まれということ。またショパンとシューマンは同じ1810年生まれです。

そして個人的に好きな時代は、ロマン派です。

1809年 メンデルスゾーン

1810年 ショパン、シューマン

1811年 リスト

たった3年間の間に、今日偉大な作曲家と呼ばれる彼らが誕生しているのです。祖国は違えど、同じ小学校に通っていたら面白いなあ…という想像もしてしまいました。

 

皆さまお気づきかと存じますが、同じ年代に誕生したとしても作曲のスタイルや傾向は全く異なります。特にロマン派以降はそういった傾向が色濃く現れていますよね。(これにも理由があります)

どこの国に、どんな時期に誕生したのか、時代背景はどうだったのか、楽器の進化はどうだったのか、、音楽は奥深いです。

皆さまも、「この作曲家は、あの作曲家と同時期の作曲家なんだ!でもこんな違いがあるな。」などと発見してみてください。

 

ちなみにドビュッシー(1862-1918)とラヴェル(1875-1937)は「印象主義」と一括りにされることが多いですが、私は一括りにすることに対して、あまりにも過小評価なのではないか…と感じます。

普段のレッスンで、このような話も通して音楽理解を深めていければ幸いです。

 

講師 増谷

 
大人のピアノレッスン
2021-04-29
 当教室に20年以上通われている方がおられます。
いつも穏やかで自分の生活スタイルが確立されています。
「日頃悩んだりされることはないのですか?」と尋ねてみたところ、
「私の最高の時間はピアノの練習、悩み事なんて練習してたらすっきりして無くなっちゃうわよ。
ピアノってステキよ!」と穏やかな笑顔でお話をして下さいました。
 
共に20年以上のお付き合いだから分かり合えることが沢山あります。
私は生徒さんに支えられ幸せ者です!!
 
 
<<ハーモニー水森>> 〒329-0111 栃木県下都賀郡野木町丸林578-4 TEL:0280-57-0400