栃木県野木町の音楽教室《ハーモニー水森》体験レッスン受付中

http://harmony-mizumori.com/files/content_type/type006/11/201510222353512199.jpg
qrcode.png
http://harmony-mizumori.com/
モバイルサイトにアクセス!
 
 
 
10月31日(日)無料体験レッスン受付中!
2021-10-27
美しいベーゼンドルファーピアノ225で体験してみませんか?
 
教室の隣の公園では、変わりゆく秋に落ち葉と小鳥たちの声が囀ります。
ベーゼンドルファーピアノも深まりゆく秋に毎日音色が変わり、まろやかでとても癒され自然とピアノと会話をしています。
そして生徒さんのレッスン時間になると、今日はどんな音になるかな?とワクワクします!
 
この時期に感じられる体験をしてみませんか?
お気軽にご連絡下さい。
お待ちしております!
 
ブルグミュラーコンクール優秀賞!
2021-10-27
ブルグミュラーコンクール優秀賞おめでとうございます!
 
小学生二人受けられ、お二人とも優勝を頂き12月の本選に出場致します。
 
自分の力を出し切った!と話してくれた二人。それが一番嬉しかったです!
ご両親のサポートも素晴らしく、ご自宅での練習や声掛け、教室に入られ聴いて下さり皆さんと一丸となって迎えられたことに嬉しさが増しました。
審査員の方々から講評を頂き大変感謝しております。
本選に向けてより生徒さんの音を引き出す細かな指導を行い、お互いに楽しんでいきたいです。
 
ショパン国際ピアノコンクール!
2021-10-21
ショパン国際ピアノコンクール!
 
おめでとうございます!
 
今や世界配信でいつでも見られる演奏。
まだご覧になられていない方ご視聴下さい。
素晴らしい演奏と共に、ピアノブランドのファツィオリ、スタインウェイ、シゲルカワイ、ヤマハの特色もお聴き頂くと一段と演奏の美しさを感じます。
私は演奏を聴いた時今目の前にある全てが変化し、、心が突き動かされ言葉では言い尽くせない感動でした。
 
生徒さん達もショパン曲に触れています。
コンクールの配信からみられる美しいタッチ。あらためて基本が大切で、小さな生徒さんから何を指導していくか明確となりました。
 
 
拍と拍子
2021-10-20
最近、拍や拍子の指導法の勉強をしております。

皆さんにも、まずは拍と拍子がどういうものなのか、どういう違いがあるのか理解していただきたいです。

 

拍は、一定の間隔で打たれる刻みのことです。皆さんの心臓の鼓動が概ね一定であることと同じです。いきなり速くなったり遅くなったりしたら大変なことになってしまいますよね。一定のテンポを持続できる力をつけましょう。

 

拍子は、一定周期のアクセントを持った拍のまとまりのことです。

アクセントとは、その音を目立たせたり他と区別をつけることであって、あくまでも「強く」という意味ではありません。そして拍子には、主に1拍目にアクセントがつきます。

皆さんは拍子と言われて何拍子が浮かびますか? 2拍子、3拍子、4拍子、拍子はこれらが基準となっています。まずは1拍目を感じ取れる練習をしていきましょうね。

 

日頃、「4分の4拍子は1小節の中に4分音符が4個入っていることだよ」と生徒に教えてしまいますが、いかに語弊があることに痛感しました。もちろん間違いではなく楽譜上にもそう記してありますが、それは単なる1拍の基準となる音符を記しているだけです。それよりも大事なことは「4つの拍でひとまとまりの曲だよ」ということです。「拍子は感じるもの」ということを改めて気づかされました。

 

皆さんがよりよい音楽を楽しく学び、経験できるように私も学び続けて参ります。

 

講師 増谷

 
読書の秋
2021-10-13
夏からの季節の移り変わりがゆっくりでしたが、ようやく秋らしい空気を感じられるようになりました。
秋の夜長、読書をして過ごすのも良いですね。
 
私が子どもの頃読んで、大好きになった本を、紹介させてください。
 
コロボックル物語①「だれもしらない小さな国」佐藤さとる・著  村上 勉・絵
 
あらすじ
小学3年生の「ぼく」が、町の近くの小さな山の向こうに、杉林に囲まれたどこか不思議な平地をみつけます。
そこで、靴の中に隠れた「小さな人」に出会います。数年後、そんな体験を忘れかけていた「ぼく」でしたが、再びその地に通うようになり、「小さな人たちの国」との交流が始まります。
 
私は、自分が見たことのある里山のどこかにも、こんな国があるのでないかという気持ちになりながら、読んだことを
思い出します。「身近な、自分の周りとつながっているかもしれないと感じられるファンタジー」とでも言えるでしょうか。
 
この物語は、1959年に発表されてから、重版を重ね、近年、画家村上勉の新しい絵で、再販されたようです。
小学生中学年くらいから楽しめると思います。
図書室で、さがしてみてください。
 
講師  青木
 
緊急事態宣言解除後の中学生の生活~そしてレッスン
2021-10-07
当教室は小さなころから通われている中学生の生徒さんが多数おり、成長見守りながらレッスンをしております。
 
中学生の忙しさは大変なものがあります。
この間までは部活の中止、授業短縮、そして緊急事態宣言が解除され部活再開、試験、模試とそして3年生は間もなく入試が始まる前の修学旅行、、、そしてワクチン接種。
個人差はあるものの精神的負担は、はかり知れません。
大人たちが見守りながら、家庭だけでなく皆で協力して成長を見守り支えたいですね。
 
生徒さんと私との関係は、一生のうち一番長く携わっていく教育者となるかもしれません。
長い月日を共に出来る幸せは格別です!大切に声掛けをと心がけております。
 
中学生時代は目まぐるしく変化します。私は何かあると忙しくて大変だった中学時代を思い出し頑張れます。
私の今は中学時代にあります。
 
中学生の皆さん!
頑張りすぎたり、寝すぎたり、感情の起伏が激しかったり、何においてもバランスを取ることが難しいですよね。
それで良いと思います。そのような経験をして、自分探しをしていくのではないかなと思います。
是非周りの意見を聞きながら探求していってほしいと願っております。
聞くことは自分そして相手を尊重し、自分の演奏の音も聞くことに繋がっていく事と思います。
 
 
調律師さんから学ぶこと
2021-10-03
ハーモニー水森教室は4台ピアノがあり、2人の調律師さんにいらして頂いております。
ピアノには個性があり、国産、ドイツ、オーストリアピアノの美しさを引き出して下さるよう調律をして下さいます。
その美しさも多数あり私と調律師さんで検討していきます。私はその作業が大好きでうれしくてドキドキ楽しくてたまりません。調律師さんの感覚の素晴らしさやお話にいつも興奮してしまいます。ヨーロッパが大好きな私にとって、ウイーンの音、ミュンヘンの音他各国の街並みの音や景色が、調律師さんと音を作っていると聞こえて見えてきます!調律さんが誘って下さっているのです!多くの人が携わって生まれ変化していくピアノ達。私の命と共に、そしてその先も生き続けるピアノ達。
メンテナンスをして、常に良い状態の中で、4台のピアノを生徒さんに弾いて頂きたいと思っております。
 
 
 
生徒さんからの言葉
2021-10-02
生徒さんはレッスン中たくさんの出来事を話してくれます。
 
小学校2年生の生徒さんピアノを弾き終わった時の一言。
「あのね、せんせい、くるしいことかなしいことがあったとき、ぴあのをひいてるとだんだんうれしくなっちゃうんだ!」
私は「そうなの~すてきだね~」とゆっくりと心が温かくなってふわっと力が抜けていってしまいました。
なんて素敵なことでしょう!やさしさの空気の包まれ溶けていくようでした。
このお話をしてくれた生徒さんはとても努力家です。難しい曲も弾きたいとなれば細かく丁寧にとことん練習してきます。
努力をして自分を超え成長した9月でした。一生懸命やって身をもって体感し習慣化した自分への最高の贈り物の言葉だと思います。
私はそのような体験をさせて頂いていることに感謝です。 ~ありがとう~しあわせです~
 
 
体験レッスン!
2021-10-01
♪教室の音符フェンス♪
明日は、グループレッスンそして個人レッスンへと進んだお姉さんの姿を見てきた妹さん3歳の体験レッスンです!
お姉さんのレッスンに来ると一緒にご挨拶してくれます。待ち遠しくて待ち遠しくてたまらない様子をお母様からお聞きしました!とっても楽しみにしています。
 
そして日曜日は、5歳のレッスン! 隣の公園からいつも眺めていたハーモニー水森教室!
「この建物の教室に行ってみたい!」とお母様に頼んだそうです。
 
楽しくウキウキ出来る発想豊かな体験レッスンをご準備致しております。
日曜日ゆっくりと体験されてください。
 
当教室では、ゆったりと体験出来るよう日曜、祝祭日体験レッスンを受け付けております。
お気軽に遊びにいらしてください♪ 
 
ブルグミュラーコンクール出場
2021-10-01
間もなくブルグミュラーコンクールが開催されます。
 
当教室から小学生が出場致します。
自ら参加したいとの希望があり練習に励んでおります。
ブルグミュラーは、美しい流れそして様々な心の変化があり、生徒さんたちがとても大好きな作曲家です。
 
コンクール!となると生徒さんたちは色々と想像してしまい、緊張したり、動揺したりと演奏の呼吸が浅くなったりと
指導していると毎日色々と考えているのだなと感じます。その気持ちをもう一歩前に進んで、自分の演奏はどうかな?と問いかけてじっくりと練習欲しいなと思います。コンクールという形に捉われず、自分の演奏をよく聴いて気持ち良い!楽しい!と思える演奏を目指して欲しいと思います。自分の演奏を皆さんに届けてください!
 
演奏、精神、健康、多方面からサポートしてまいります。
<<ハーモニー水森>> 〒329-0111 栃木県下都賀郡野木町丸林578-4 TEL:0280-57-0400